« ル・クルーゼのアンティークローズ | Main | 教育費の価格破壊の先に »

2009.02.06

鳥羽博道さんの「私の履歴書」

ドトールコーヒー名誉会長の鳥羽博道さんの「私の履歴書」が面白い。

「私の履歴書」はもともと好きな日経の記事なのだけど、
特に創業者の履歴書というのはドラマ性の高い成功談だから
読みやすくて面白いと思う。

2月5日だったか。

神保町の喫茶店の受け渡しを17歳の鳥羽さんが任され、
すべて責任もって行ったときのこと。
買い手側の元芸者の女性が鳥羽少年に言う。

「鳥羽さんはまだ若いのに、とてもしっかりしています。
でも、周りからそう言われるがために、
自分自身を小さくしてしまうかもしれませんので、
気をつけなさい。」

これは深い言葉だ。

確かに、しっかりしているからこそ、
常識や慣例にとらわれたり、
自分を枠の中に収めようとしてしまうことがある。

けれど、本当にすごい人は、
新しいものを自ら作る。
そのために何かを壊す必要もあるだろう。

芸者さんは職業柄いろいろな人間をみてきたからこそ、
鳥羽少年に何かを感じたのだろう。


かえりみて自分。
どんどん小さくまとまっていく昨今です。
家庭に子供。
自分には制約があると思っている。
でも本当にそうなのか。

さらに私の子育て。
ついつい子供を「よい子」にしようとしている。
もっと図太く育てるのもいいかもしれない。

私が中学生のころ、町にドトールができた。
1杯180円のコーヒーショップは当時新鮮だった。
高いスツールに腰かけてカウンターで飲むスタイルも
真新しい気がした。
それまでは薄暗い喫茶店しかなかったのだ。


鳥羽博道さんの「私の履歴書」
しばらく朝が楽しめそうである。


|

« ル・クルーゼのアンティークローズ | Main | 教育費の価格破壊の先に »

Comments

私も今ちょっと煮詰まっています。
今の部署では自分の居場所がいまいちないような。
いえ、仕事はちゃんとしてるんですよ(笑)
でもなんか違うみたいな・・
といって管理職になるのもなあみたいな。
そういう年になったってことですかね・・

Posted by: kako | 2009.02.14 at 11:40 AM

kakoさんも悩んでらっしゃるんですね。
私も最近いろいろモヤモヤしているところです。

Posted by: Nolly Chang | 2009.02.15 at 10:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/43977162

Listed below are links to weblogs that reference 鳥羽博道さんの「私の履歴書」:

« ル・クルーゼのアンティークローズ | Main | 教育費の価格破壊の先に »