« 手を離すときがくる | Main | NHK英語アニメ「リトル・チャロ」 »

2009.03.23

「天地人」描きたいのは正義か忠義か

大河ドラマ「天地人」見てますか?

昨夜の「命がけの使者」は、ようやく兼続(妻夫木聡)が大河の主人公らしい行動をして、
兼続、でかした!と大いに心動かされた回でした。


実は今までの放送では、いまひとつ兼続を尊敬も共感もできず、
申し訳ないけど演技に引き込まれることもなく、
淡々とした気持ちで見てました。

昨年の「篤姫」は主人公を尊敬し、共感できるドラマ。
一昨年の「風林火山」は役者陣の重厚な演技に引き込まれるドラマ。

「天地人」にはどちらもない。
さらに、何か違和感がある。
それは何なのかと考えていたら、ようやく思い当たった。


今年の「天地人」は、「義」がテーマ。
戦国の時代に「義」を貫いたた武将として直江兼続が描かれる、予定である。
ところが、私がちっとも兼続に「義」を感じていないのだ!

だってここ最近の兼続ときたら、謙信の跡目争いで遺言を偽りと知りつつ黙認したり、景虎に先んじて春日山城を乗っ取ったり、「義」って何ですか?という具合。

兼続の行為は主君への忠義であって、正義じゃないのよね。

「義」の人、と謳われると、どうしても謙信のような
私利私欲や己の野心で天下取りの戦をしない武将を思い浮かべてしまう。
おそらくそれは正義の義。


兼続は今はまだ忠義者。
これから、謙信のような正義を掲げる人になるのだろうか。


「天地人」はやたら義をテーマにしてます、というけれど、
忠義と正義は性質が違う。
そこに作り手と、視聴者の私でズレができているように思う。

このズレは少しづつ解消されるのだろうか。
今回の放送「命がけの使者」で少し正義に近づいたけれど。

|

« 手を離すときがくる | Main | NHK英語アニメ「リトル・チャロ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/44445989

Listed below are links to weblogs that reference 「天地人」描きたいのは正義か忠義か:

» 大河ドラマ「天地人」第12話 [休羽捫虱帳]
白であろうと我が義を信じられないのですか?三人もいるじゃないですか[E:happy02]。 [Read More]

Tracked on 2009.03.23 at 09:24 PM

» 天地人 第12回「命がけの使者」 [平成エンタメ研究所]
 「生き残るために強い方につく。金をくれる方につく」  これが桑取の長、斎京三郎右衛門(高杉亘)の考え方。  現実主義に徹した考え方ですね。功利主義と言ってもいい。  信長もこの考え方に近い。それを継承したのは秀吉。  一方、兼続(妻夫木聡)。  これに対し「それでもお前ら上杉の侍か!」と叫ぶ。  上杉の侍は<利>で動かない。<義>で動く。  現実よりも理想を大事にする理想主義の考え方。精神主義と言ってもいい。  そしてそれは謙信の考え方そのもの。兼続はその継承者なんですね。  この作品の対立... [Read More]

Tracked on 2009.03.24 at 12:21 PM

« 手を離すときがくる | Main | NHK英語アニメ「リトル・チャロ」 »