« 本「女装する女」 湯山玲子 | Main | TV「官僚たちの夏」「富士山頂」映画「グラントリノ」 »

2009.06.18

TVドラマ「アイシテル」最終回

結局、涙を流し、鼻水まで垂らして観てしまった最終回でした。


これまでの「アイシテル」を観た感想ブログをいくつか読んだら、
殺されてしまった被害者少年キヨタンを、性格が悪い子供といい、
加害者少年・智也を可哀そうだと述べるものが数多くあった。

キヨタン殺害は、事件ではなく事故というとらえ方もあった。


私は反対意見で、
自分より年少の幼い少年がどんな暴言を吐こうと、
殺してはいけないと思う。
まして智也がしたことは、キヨタンの頭を何度もアスファルトに打ちつけて死に至らしめたわけで、これは事故ではなく、一時の激情で突発的な行為とはいえ、明かな殺意があり、殺人事件でしかないと思っていた。


さあ最終回、どう持っていくのだろう?
私は納得できるのだろうか?

そう思ってみました。
本日22時。

結果。


泣きました。
納得しました。


思いのほか早く(たった1年で)児童相談所の施設から出てきてしまった智也。
明るく迎える智也の両親。

けれど、智也自身が、自分の罪を重く感じていた。
自分を責め続けていた。

そこなんだよ。

1年で出所していいと言われようが、
10年施設にいろと言われようと、たぶん関係ない。

人を殺した罪は、一生自分自身が背負うもの。

私は、智也自身が、罪の深さに向き合う姿をみて泣いた。

ドラマ中盤では「あの子が悪いんだ・・・」と言っていた智也が、
キヨタンがもうこの世にいないのに自分が平然と生きていることに苦しみ、
生まれてくる命の尊さを前にして、自分がしたことを悔やむ姿に、
苦しいことだが、それを背負ってこそ智也の人生だと、
素直に泣けた。


さらに、被害者家族の母(板谷由夏)の言葉、
「あの少年もきっと苦しんでる。苦しんでいる子をさらに恨んでも、何もうまれない」という達観に、
鼻水まで出して泣いた。

私は、智也の罪を厳しくとがめる姿勢でこのドラマを見ていた。
とはいえ、たとえ智也が厳罰を科せられても、
たとえ死刑になったとしても、
被害者家族が救われないだろうとは思っていた。

殺されてしまった子供は戻らない。
失ったものは大きすぎて埋まることはない。

犯人を恨めばいいのか、
自分を恨めばいいのか、
憎しみを何にぶつければいいのか、
憎しみを犯人にぶつければ解決するのか、

何も解決しない。

おそらく、心にぽっかり穴があいたまま、
どうやって生きていくのか考えるしか、
遺族に残された道はない。

家族で休日を楽しく過ごしているようでいて
傍らに置かれたキヨタンの写真。
それを淋しげに見る板谷由夏のショット。


悲しみを抱えつづけながらも
前向きに生きて行こうとする被害者家族。


生まれたばかりの弟に触れ、
清貴くんごめんなさいと泣き崩れる智也。

罪の意識と深い後悔を背負い続けながら
やはり前向きに生きていこうとする加害者家族。


それぞれの家族が道路越しにすれ違うラストシーンも、
笑顔のうしろにあるそれぞれの苦しみがわかるからこそ、
よいシーンだった。


でも、やっぱり、子供が死んだり傷ついたりするドラマは
観たくないよな、と思います。

ただでさえ、ひどいニュースが多いのだから。


過去記事

TVドラマ「アイシテル」第8話
ワンセグで観るTVドラマ「アイシテル」

|

« 本「女装する女」 湯山玲子 | Main | TV「官僚たちの夏」「富士山頂」映画「グラントリノ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/45373888

Listed below are links to weblogs that reference TVドラマ「アイシテル」最終回:

« 本「女装する女」 湯山玲子 | Main | TV「官僚たちの夏」「富士山頂」映画「グラントリノ」 »