« 恭喜発財の意味って? | Main | バンクーバー五輪 男子フィギュアスケート »

2010.02.15

「龍馬伝」第7回 明るい夢を描きたい

「龍馬伝」とても楽しくみています。

第7回「遥かなるヌーヨーカ」では、
黒船がやってきて、大きな変革が訪れるときに、
それぞれ何を想ったのかが、象徴的に描かれていました。

日本の将来を憂い、幕府にはまかせておけないと奮い立つ
攘夷派の武市半平太。

とにかく貧しさから抜け出したいと
ピンチはチャンス!とばかりに
勝機をさがす弥太郎。

そして・・・・・・
黒船を自分で作って世界中を家族とともに見て回りたいと
果てしない世界を夢見る坂本龍馬。


歴史が教えてくれるのは、
弥太郎にしろ、龍馬にしろ、
希望を見出した人間にしか、
新しい扉は開かれないということ。

今の時代も、毎日のように小さな変革が起こる。
大きな変革も起こる。
世界は変わる。
価値観は変わる。


たとえば新しいテクノロジーが生まれ、
新しい価値観が出来上がる。


昔はよかった、このままではいかんと思うより、
わくわくしちゃったほうがいい。


こんまいことをいいつのるより、
大きな希望を抱こう。

そんなことを考えました。

おまけ:

小龍先生に会いに行くという弥太郎に、
「おいもつれてけ」とニコニコついていく福山さんが
すっごく人懐っこい感じで、
今回も胸キューン、でした。
ジョン雅治、やっぱりいいですね。

人気ブログランキングへ

読んでくれてありがとう~~。

|

« 恭喜発財の意味って? | Main | バンクーバー五輪 男子フィギュアスケート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/47578210

Listed below are links to weblogs that reference 「龍馬伝」第7回 明るい夢を描きたい:

« 恭喜発財の意味って? | Main | バンクーバー五輪 男子フィギュアスケート »