« 「龍馬伝」第7回 明るい夢を描きたい | Main | 心を開いてジョンになる »

2010.02.21

バンクーバー五輪 男子フィギュアスケート

バンクーバー冬季オリンピック、盛り上がってますね。

モーグルの上村もみましたし、
スノボは国母選手が問題になったおかげで、
むしろ注目してみてしまいましたが、
とても迫力のある競技で目を見張りました。
金メダルのホワイトの大技、何回転だか全然分かんないけど
すごいのはよくわかる!

そしてなんといっても、男子フィギュアだなぁ。


4回転に挑まなければ意味がない、と
ほかのスケーターを挑発するロシアのプルシェンコ。
それは正しい。
新しい可能性、新しい技を競い合ってこそのオリンピックだ。


一方、挑発にまったく乗らないアメリカのライサチェク。
怪我を乗り越えての出場で、無理はおかさない。
かわりに完璧な演技をしようと誰よりも練習してきた。
これも正しい。

世界のトップが、4回転するかしないか競技前から争う中、
ほかのスケーターも葛藤があったに違いない。

4回転を決めて、メダルを狙いたいのはヤマヤマ。
もちろんミスするリスクと背中合わせだ。

ミスを回避して、3回転で完璧に決めるほうが
むしろ上位に食い込めるかもしれない。

さあどうするどうする。


高橋選手、織田選手、小塚選手がどうするのか、
4回転を決められるのか、
3回転で完璧な演技をするのか、
ほかの国の選手は・・・?

観る前からもうドキドキ。


前提があるとドラマは盛り上がる。


そして舞台の幕があがる。

ライサチェク。
完璧で安定感があり、本当に美しい演技。
素晴らしかった!

直後にまさかの、織田の靴ひも!
温かい拍手で織田の演技を最後まで見守った観客。
涙でインタビューに答えられない織田。
号泣。
なんなのだ、このドラマは。


そして高橋。
4回転に失敗するも、やっぱり華麗。
素人ながらも、4回転に成功した小塚くんよりも
やはり高橋選手のほうが圧倒的にうまいと思った。

それからアメリカのウィアーも注目。
ショートプログラムの演技からものすごいキャラ立ち!
緊迫感をやわらげつつ、各スケーターをつなぐような
ドラマを盛り上げる重要なキャストって感じ。


大トリに、今回の男子フィギュアを最も盛りたてた男、
ロシアのプルシェンコが登場。

なんてドラマな展開なんだ!


このまま一本2時間ドラマになる。

もう釘付けでした。


結末はみなさんご存知のとおり。

私は納得です。
ライサチェクは圧倒的に優雅で美しく、
技術力も素晴らしかったと思います。
プルシェンコは、フリープログラムはちょっと荒いところが目立ちました。
高橋はひいき目なくみても、観客を魅了するスケーティングでした。


女子フィギュアも楽しみ。


人気ブログランキングへ

ただの雑感ですが、読んでくれてありがとうございます。


|

« 「龍馬伝」第7回 明るい夢を描きたい | Main | 心を開いてジョンになる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/47625036

Listed below are links to weblogs that reference バンクーバー五輪 男子フィギュアスケート:

« 「龍馬伝」第7回 明るい夢を描きたい | Main | 心を開いてジョンになる »