« 本「世界一の美女になるダイエット」エリカ・アンギャル | Main | 断捨離で見えてくるのは今そして未来 »

2010.09.25

NHK「ゲゲゲの女房」を全部みて

今日、NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」が最終回を迎えた。


第1回からすべての回を見ました。
朝の連続テレビ小説をみたのは何年ぶりだろう。
まして全放送を見たのは、初めてです。


いいドラマでしたねぇ。


このドラマの面白さ、秀逸さを考えてみる。

① 配役の素晴らしさ

向井理と松下奈緒さんのキャスティングは素晴らしい。


何しろ、村井茂は登場シーンから30代後半で、ラストは60歳近い。
普通に考えたら40代の役者さんが演じてもよさそうなのに、
なぜか28歳の向井理さんを起用したところがスゴイのだ。

松下奈緒さんも、大人っぽいけど25歳。
そんな彼女が、女学校時代も演じたとはいえ、
29歳で結婚して50代になるまでを演じる。

つまり、登場人物の年齢よりずっとずっと若い役者さんが起用されたのだ。

この効用は大きい。

見ているほうは、40代の夫と30代の妻というよりも、
もっと若い夫婦を応援するような目でみてしまう。

貧乏な生活、汚い部屋、ぼろぼろの洋服も、
28歳の向井理と25歳の松下奈緒だから、
どこか清潔感がある。だから見ていられる。

これが本当に40代の役者さんが演じてたら、
生活疲れが画面に出過ぎて、むさくるしい感じになっていたと思う。

だから、ドラマの設定よりはるかに若い2人をキャスティングしたことは非常によかったと思う。


② 途中はわからない、でも最後は知っている成功ストーリー

水木しげるの半生は知らなくても、「ゲゲゲの鬼太郎」なら知っている。
だから、茂と布美枝にどんなことが待ち受けてるのか、
目先のことはわからないけれど、成功することはわかっている。
そんなワクワク感と安心感がこのドラマにはあった。


③ 半年間の放送がきちんと構成されていた

9月の放送は、今までの布美枝としげるの人生がきちんと反映されて、今にいたっているということが、よく伝わってきました。

過去の放送分が、きちんと生きている。


父・源兵衛が歌った安来節。
源兵衛としげるが碁を打つ約束をし、碁を打ったこと。
布美枝が野菜たっぷりの餃子を作っていたこと。
藍子の子供時代と、教師を目指した藍子の動機のつながり。
喜子の子供時代と、水木プロを手伝うことにした喜子のつながり。

書ききれないけど、
いろんなシーンがきちんと受け継がれていた。
唐突さがない。

最後の、ベトベトさんを見送るしげると布美枝のシーンは、
その最たるものでした。


④ 一貫して描かれるテーマ

夫婦愛、家族愛のほかに、「見えんけど、おる」が、このドラマ独特の世界。

見えんけどおる、と感じたのは、布美枝のおばあの存在であり、
死後のいとつ(風間杜夫)であり、
ご先祖様の存在や、あの世からのあたたかな見守りだった。

もちろん、妖怪も。

貧乏神もいましたね。(しげるには見えていたけど)


全編とおして、見えんけどおる、者への愛着があり、
物語に幅を持たせていました。


⑤ そして「ありがとう」

 
いきものがかりの主題歌「ありがとう」はぴったりでしたね。
布美枝は、しげるにも、家族にも、ご近所にも、出版社の人にも、読者にも、みんなにありがとうと思っている。
そして、しげるや子供たちは布美枝にありがとうと思っている。
出版社の人も、アシスタントも、ご近所さんも、布美枝のことをきちんと認めている。
みんながきちんと尊敬し、感謝して生きている。

半年間、本当に楽しませてもらいました!

こちらこそ、ありがとう!


人気ブログランキングへ

そうだよね~と思ったかたは、クリックお願いします。
ありがとう。

|

« 本「世界一の美女になるダイエット」エリカ・アンギャル | Main | 断捨離で見えてくるのは今そして未来 »

Comments

TBありがとうございます。
全話視聴お疲れ様でした。

おっしゃるとおり半年間に渡る構成力が見事でしたね。
まさか結婚式での安来節が、後の伏線になっていたとは思いませんでしたし。

配役も面白かったですよね。
向井さんと松下さんは明らかに平成顔。
だからどん底の貧乏生活でもどこか生々しくならない。
竹下景子さんや風間杜夫さんは昭和顔。
大杉漣さんはいかにも昭和初期の家父という顔をされていましたね。
また成長した娘の藍子は平成顔で喜子は昭和顔という感じもしました。

あとはアニメーションとの融合でファンタジックな効果を出していたこと。

この作品については書くことが尽きませんけど、本当に明日から寂しくなります。

Posted by: コウジ | 2010.09.26 at 11:32 AM

コウジさん、ありがとうございます。
配役はよかったですよね。
どん底の貧乏生活でも生々しくない、に同感です。

アニメーションとの融合も、ちょうどいい具合で楽しかった。布美枝の気持ちを代弁するように、いったんもめんの絵が困ったり怒ったりするのもよかったです。

Posted by: Nolly Chang | 2010.09.27 at 07:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/49556817

Listed below are links to weblogs that reference NHK「ゲゲゲの女房」を全部みて:

» ゲゲゲの女房 豊かな世界 [平成エンタメ研究所]
 最終週。  お見合いからたった5日間で行われた茂(向井理)布美枝(松下奈緒)の結婚。  考えてみると、その結婚が作りだしたものは実に豊かだ。  それは次のようなもの。  「鬼太郎」「悪魔くん」を始めとする茂のマンガの主人公たち。  藍子(青谷優衣)、喜子(荒井萌)という子供たち。  菅井(柄本佑)、倉田(窪田正孝)、小峰(斎藤工)らアシスタントたち。  マンガの同志・戌井(梶原善)、深沢(村上弘明)。  豊川(眞島秀和)ら出版社の人達。  浦木(杉浦太陽)。はるこ(南明奈)。  質屋さんや喫茶店... [Read More]

Tracked on 2010.09.26 at 10:56 AM

» ゲゲゲの女房 [Akira's VOICE]
最終週の感想&総括  [Read More]

Tracked on 2010.09.26 at 11:06 AM

« 本「世界一の美女になるダイエット」エリカ・アンギャル | Main | 断捨離で見えてくるのは今そして未来 »