« October 2010 | Main | December 2010 »

2010.11.29

大河ドラマ「龍馬伝」最終回を終えて

「龍馬伝」終わりました。
1年しっかり見ました。

「新撰組!」「篤姫」と並ぶ名作だったなと思います。


福山雅治さんの格好良すぎる龍馬も素敵でした。
共演の伊勢谷友介さんの高杉良作も素敵でした。
あと、吉田東洋もよかった。
後藤象二郎もめきめきよくなった。
岩崎弥太郎(香川照之)のアクのありすぎる演技もよかった。

女優陣もそれぞれせつなくて。
福山龍馬に恋焦がれる気持ちがわかりすぎる・・・。

そして演出の斬新さ。
映像の美しさ。
これは過去の大河と比べて断トツでした。


ストーリーとしては第3部から面白くなった。
龍馬が新しい世の中のために動き出したから。

最終回、龍馬がなぜ殺されてしまうのか、
理由を考えるたびにつらかったです。


私は龍馬がすごく好きだ。

時代がかわろうとしているときに、
龍馬はスマートな思考をもって、かわっていくことを恐れない。


そして私は「合理的であること」がとても好き。


たとえば大政奉還すれば、徳川家に仕えていた何万人もの武士がお役御免になると言われても、龍馬は動じない。
そんなことはどうでもいいという。
大切なのは、数万人の武士より1億人の日本人。

私も同感。

ちゃんと能力のある奴は、新しい役につけるし、新しい仕事がある。
そういう人が報われる社会であればいい。

でも、武士という身分に甘えてきた人には憎まれる。

さらに新政府の要人として龍馬が徳川家の松平春嶽を推挙したことも私は納得できる。
有能な人間を活用するのは極めて合理的なことだから。

でもわかってくれない人たちがいっぱい。


龍馬は憎まれる。


現代社会も同じ。

目的達成指向で、合理的にやろうとすると
けっこう反感を買う。

メンツをつぶしちゃいけないとか、
空気を読まなきゃいけないとか、
私は面倒くさいな~と思ってる。


龍馬は無私無欲でやっていたのに、
すごく憎まれた。殺された。

私は、無私無欲で生きてないから(笑)
やっぱり空気も読まなくちゃいけないし、順序立ててゆっくりとみなさんの合意を得ながら、物事を進めないといけない。
でないと世の中敵だらけになっちゃう。


でも心の中に「龍の魂」はしっかり刻んでおこう。

世の中がいい方向にすすんでいくように、
みんなが幸せな世の中になるように、
自分自身が立ちあがり、考える強さをもっていたい。


自分の弱さに立ち向かいたい。

人気ブログランキングへ


龍馬伝、すばらしかったです。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

2010.11.24

ほめられ上手になりたい

最近、会話の中で気を付けていることがあります。
それは、人になにかほめられたら 「ありがとう」 ということです。


ついつい、ほめられると謙遜してしまう。
「そんなことないですよ~~」と。


でもそれって、相手に負担を与えているんじゃないかと思ったのがキッカケ。

たとえば、こんなシーン。


Aさん「今日の服、素敵ですね~」
Bさん「これ? 安物よ~」


この場合、Aさんは、
「へー、安物なんだ」とは言いませんよね?

「じゃあセンスがいいんですね~」とか
「Bさんが着ると、高い服に見えますよ」
などと、服が安物であるという発言にフォローをする。


結局、Bさんは、Aさんのほめ言葉に謙遜しているようでいて、
実はさらなるほめ言葉の上塗りを要求しているんだよね。

フォローしつつ、さらに褒めないといけないAさんは、結構気を使う。

こんなシーンはどう?

Aさん 「これはどうやればいいんですか?」
Bさん 「こうすればいいのよ」
Aさん 「さすがBさん、詳しいですね!」
Bさん 「こんなの、誰だって知ってるわよ~」

Bさん、謙遜したつもりでしょうが、Aさんの立場がないですよね。

私は日常の中で、AさんになったこともBさんになったこともあります。

褒められると謙遜してました。
でも謙遜されると、かえって面倒くさいとも思いました。


そこで、とにかく自分は謙遜をやめよう!と決めたんです。

「そんなことないわよー」と言わないで、
「どうもありがとう」「うれしいわ」
「どういたしまして」「お役にたててよかったわ」
って、相手の褒め言葉を受け止めようって決めました。

結構難しくて、ついつい謙遜してしまうこともしょっちゅうですけど。


できれば、褒められたら受け止めつつ、ほめ返すようにしたい。


「ありがとう。いつもオシャレなAさんに言われるとすごくうれしいわ」
なんて感じで。

会話力アップを目指して日々修行中です。

人気ブログランキングへ

ブログよんでくれてありがとう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.04

アンチエイジング開始します!

やりますよ!わたしも!
それは ア ン チ エ イ ジ ン グ!


今までは、ゆるやかに加齢すればいいな~とか、
シワができるのも必然だし、
美しいシワもあるのではないか、などと考えてました。


なまっちょろかったわ。


30代も半ばを過ぎると、
「加齢」というのが本当に顔に出てくるのですね。

ハリがなくなり、たるみが出てくる。

このまま今まで通りに普通のケアだけしていれば、
お望み通り、ゆるやかに加齢していくのでしょうね~。

でもそれじゃ、耐えられない!って
ここにきてたじろいじゃったのでした・・・・・・


遅いよね、私。

というわけで、コラーゲンとアイクリームを始めました。


逆らっても逆らっても年はとっていくもの。
だからこそ、逆らえるだけ逆らってみようじゃないの。

私は今でも、実年齢より少し若く見えるぐらいでちょうどいいって
思っていますよ。

でもそのためにはかなり努力しなくちゃいけないんだなと
わかってきました。

  

今、20代の女性も、アンチエイジングは早めにやったほうがいい。

なぜなら、始めた年齢が、基準になるから。

30代の私が今からどんなにアンチエイジングしたって、
25歳の肌にはなれないでしょう?

今から始めるっていうのは、
40歳になった時に、30代の肌でいられるように努力を開始するってこと。


だから、アンチエイジングは早くはじめたほうがいい。
27、28歳ぐらいから始めたほうがいいですよ~~。

でも、高価な化粧品の良さを実感できるようになるのは
多分35歳ぐらいからですけどね。

20代のころ、1万円のクリーム買ってつけてみたけど、
肌がクリームを はじいて ましたから。

35歳すぎると、しみこむんだな、これが。

だから20代は、生活環境と食事などで
アンチエイジングをスタートすべきだと思いますね。

エリカ様(エリカ・アンギャルさん)は、サーモンをアンチエイジングフードとしてご推奨してましたよ。


がんばろう!

関連記事: 本「世界一の美女になるダイエット」エリカ・アンギャル

人気ブログランキングへ

あと10年は30代でいようと心に決めた私にどうぞ激励のクリックを。

ありがとう!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« October 2010 | Main | December 2010 »