« ほめられ上手になりたい | Main | サンタクロースはいるの?私の答え »

2010.11.29

大河ドラマ「龍馬伝」最終回を終えて

「龍馬伝」終わりました。
1年しっかり見ました。

「新撰組!」「篤姫」と並ぶ名作だったなと思います。


福山雅治さんの格好良すぎる龍馬も素敵でした。
共演の伊勢谷友介さんの高杉良作も素敵でした。
あと、吉田東洋もよかった。
後藤象二郎もめきめきよくなった。
岩崎弥太郎(香川照之)のアクのありすぎる演技もよかった。

女優陣もそれぞれせつなくて。
福山龍馬に恋焦がれる気持ちがわかりすぎる・・・。

そして演出の斬新さ。
映像の美しさ。
これは過去の大河と比べて断トツでした。


ストーリーとしては第3部から面白くなった。
龍馬が新しい世の中のために動き出したから。

最終回、龍馬がなぜ殺されてしまうのか、
理由を考えるたびにつらかったです。


私は龍馬がすごく好きだ。

時代がかわろうとしているときに、
龍馬はスマートな思考をもって、かわっていくことを恐れない。


そして私は「合理的であること」がとても好き。


たとえば大政奉還すれば、徳川家に仕えていた何万人もの武士がお役御免になると言われても、龍馬は動じない。
そんなことはどうでもいいという。
大切なのは、数万人の武士より1億人の日本人。

私も同感。

ちゃんと能力のある奴は、新しい役につけるし、新しい仕事がある。
そういう人が報われる社会であればいい。

でも、武士という身分に甘えてきた人には憎まれる。

さらに新政府の要人として龍馬が徳川家の松平春嶽を推挙したことも私は納得できる。
有能な人間を活用するのは極めて合理的なことだから。

でもわかってくれない人たちがいっぱい。


龍馬は憎まれる。


現代社会も同じ。

目的達成指向で、合理的にやろうとすると
けっこう反感を買う。

メンツをつぶしちゃいけないとか、
空気を読まなきゃいけないとか、
私は面倒くさいな~と思ってる。


龍馬は無私無欲でやっていたのに、
すごく憎まれた。殺された。

私は、無私無欲で生きてないから(笑)
やっぱり空気も読まなくちゃいけないし、順序立ててゆっくりとみなさんの合意を得ながら、物事を進めないといけない。
でないと世の中敵だらけになっちゃう。


でも心の中に「龍の魂」はしっかり刻んでおこう。

世の中がいい方向にすすんでいくように、
みんなが幸せな世の中になるように、
自分自身が立ちあがり、考える強さをもっていたい。


自分の弱さに立ち向かいたい。

人気ブログランキングへ


龍馬伝、すばらしかったです。


|

« ほめられ上手になりたい | Main | サンタクロースはいるの?私の答え »

Comments

NHKの投稿サイトにアップした「子育てママさんたちの手作りあいうえおカード」
-----------------------ご案内です------------------------
その他のアニメムービー(ひとくちサイズ プチムービー)も評判が良いのでまとめて見れるようにしました。
↓こちらです

http://ameblo.jp/pecky2amb/
♪ ケイタイでも見れます。
♪ こどもといっしょにお出かけしている時など、外出先でもどうぞ。

(コメントページは「URLのクリックでオートジャンプ」が機能しないようなので、すみませんが「URLをコピペ、リターンキー」でおねがいします。)

どうもおじゃましました。
突然割り込みメールしてすみませんでした。失礼をお許し下さい。

Posted by: teckon(てっこん) | 2010.12.02 at 04:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/50159422

Listed below are links to weblogs that reference 大河ドラマ「龍馬伝」最終回を終えて:

« ほめられ上手になりたい | Main | サンタクロースはいるの?私の答え »