« January 2011 | Main | March 2011 »

2011.02.27

人間性をほめられるようになりたい

子供がテストで良い点をとり、クラスメートに「頭いいね!」と褒められたらしい。
褒められてとてもうれしかったと言っていました。

その日は私も「よかったね。これからも頑張れ!」と応援したのですが・・・


翌日、私は子供たちにお話をしました。


これからとても大切なお話をします、と。

頭がいいね、と褒められて満足してはいけません。
もちろん勉強ができるのは素晴らしいことだけど、
それを褒められても喜んではいけません。

もっと大切なことで、褒められるようにしましょう。

「やさしい」
「頼りになる」
「信頼できる」
「あなたといると楽しい」
「あなたといると安心できる」

そんなふうに言われるほうが大事です。

お友達にそんな褒め言葉を言われるように、行動しましょう。


子供たちにちゃんと伝わったかな。

私自身、子供のころは案外成績優秀で
「頭がいい」と言われて喜んでいるタイプでした。
そこそこ良い学歴もあり、「すごいね」と言われれば満更でもない気分。

けれど、最近つくづく思うのです。

社会で生きていき、社会の中で成功をおさめ、
心が満たされる生き方ができるのは、
「頭がいい」とか「高学歴」とかで褒められる人では必ずしもない。

「やさしさ」と「強さ」があり、
「頼もしく」「信頼できる」人であり、
「まわりの人を幸せにできる」人こそが
素晴らしいのです。

お友達に「頭いいね!」と褒められて、うれしくて、
ますます一生懸命勉強して・・・
それはいいことだけど、
自分という人間の評価を成績でしか計れないような
人間になってはだめよ。

私が子供に伝えたいのはそういうこと。


そしてそれは、自分自身が肝に銘じたいこと。
今からでも遅くはないはず。
人間性を褒めてもらえるように日々行動したい。

最近、子供が良いことをしてくれたら、すかさず褒めるようにしてます。
「やさしいね」
「気がきくね」
「頼りになるわ」

ぜひ、お友達や先生や、地域の人にもそんなふうに褒められるように育ってほしい。
そして私自身も!

人気ブログランキングへ

共感していただけたら、ぜひクリックしてください↑
ありがとうございます。
これからまだまだ頑張ります。
人って、何歳からでも変われるよね??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.02.08

2歳と0歳の子供をもつママたちへ

朝みかけた親子。

ベビーカーに0歳の赤ちゃん。
ママはベビーカーを押しながら、2歳のお兄ちゃんの手を引いていた。
ベビーカーには大きなバッグがぶら下がっている。
ママの肩にも大きなショルダーバッグ。

よたよた歩くお兄ちゃんをしかっているお母さん。

「ちゃんと歩いて!」「まっすぐ歩いて!」
「抱っこはできないっていってるでしょ!」

私は胸が詰まって泣きたくなった。


6年前の私が、そこにそのままいると思った。


0歳のお世話があるから、2歳のお姉ちゃんは自分で何でもやってもらわねば困る。
自分で歩いてもらい、自分で食べてもらい、自分で着替えてもらいたい。

私が忙しいときは、「遊んで」って言わないでいてほしい。

ちゃんと「空気を読んでほしい」


そう思ってました。    ・・・本気で。


でも2歳のお姉ちゃんはそれができなくて、
私に怒られたり、
反対に私が泣いたりしていました。

最近ですよ、
2歳の子供にそんなことを期待するほうが間違っていたと思えるのは。

子供たちが小学生になってやっと、2歳は赤ちゃん同然だと言える。


だけど当時は、2歳の子にできるかできないかじゃなくて、
やってもらわねばどうにもならないほど、困ってました。

だから、わかるんです。

目の前のお母さんが、いっぱいいっぱいの毎日を過ごしているんだと。
2歳の上のお子さんに、厳しく接してしまうのも、
そうしないと生活が成り立たない面があるのだと。

だけどやっぱり今ならわかるんです。
2歳の子には無理だよ、怒っちゃだめだよって。

がんばれ!ママたち!って心から思います。

1年もすると兄弟姉妹で仲良く遊びだして
すっごく手がかからなくなるから、
もうちょっとだけがんばってねって。

でもその「もうちょっと」の1年2年がめちゃくちゃ長いのも知ってます。


だから胸が苦しくなります。


涙があふれそうになります。

がんばって!
過去の私にそっくりのアナタ!

人気ブログランキングへ


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2011 | Main | March 2011 »