« 2011年の希望的観測 | Main | 人間性をほめられるようになりたい »

2011.02.08

2歳と0歳の子供をもつママたちへ

朝みかけた親子。

ベビーカーに0歳の赤ちゃん。
ママはベビーカーを押しながら、2歳のお兄ちゃんの手を引いていた。
ベビーカーには大きなバッグがぶら下がっている。
ママの肩にも大きなショルダーバッグ。

よたよた歩くお兄ちゃんをしかっているお母さん。

「ちゃんと歩いて!」「まっすぐ歩いて!」
「抱っこはできないっていってるでしょ!」

私は胸が詰まって泣きたくなった。


6年前の私が、そこにそのままいると思った。


0歳のお世話があるから、2歳のお姉ちゃんは自分で何でもやってもらわねば困る。
自分で歩いてもらい、自分で食べてもらい、自分で着替えてもらいたい。

私が忙しいときは、「遊んで」って言わないでいてほしい。

ちゃんと「空気を読んでほしい」


そう思ってました。    ・・・本気で。


でも2歳のお姉ちゃんはそれができなくて、
私に怒られたり、
反対に私が泣いたりしていました。

最近ですよ、
2歳の子供にそんなことを期待するほうが間違っていたと思えるのは。

子供たちが小学生になってやっと、2歳は赤ちゃん同然だと言える。


だけど当時は、2歳の子にできるかできないかじゃなくて、
やってもらわねばどうにもならないほど、困ってました。

だから、わかるんです。

目の前のお母さんが、いっぱいいっぱいの毎日を過ごしているんだと。
2歳の上のお子さんに、厳しく接してしまうのも、
そうしないと生活が成り立たない面があるのだと。

だけどやっぱり今ならわかるんです。
2歳の子には無理だよ、怒っちゃだめだよって。

がんばれ!ママたち!って心から思います。

1年もすると兄弟姉妹で仲良く遊びだして
すっごく手がかからなくなるから、
もうちょっとだけがんばってねって。

でもその「もうちょっと」の1年2年がめちゃくちゃ長いのも知ってます。


だから胸が苦しくなります。


涙があふれそうになります。

がんばって!
過去の私にそっくりのアナタ!

人気ブログランキングへ


|

« 2011年の希望的観測 | Main | 人間性をほめられるようになりたい »

Comments

まさに今の私です。(上は3歳になったばかりですが・・・)
寝不足、イライラ・・・いつまで続くんだろうと憂鬱になっていました。

Nolly Changさんのブログにまたしても救われました。

お子さん、もう小学生になられたんですね。
私が初めてこちらのブログを知ったのは母になる日を夢見て不育症と戦っている時でした。
私も二児の母になり、時の流れを感じます。

そして辛くなった時、Nolly Changさんのブログから前向きになるヒントをもらってます。

Posted by: ribon | 2011.02.21 at 06:40 PM

ribonさん、コメントありがとうございます。
長く読んでいただいて、こちらこそ励まされました。
幼いお子さんが2人いると、手いっぱいですよね。
今はたまたまそういう時期なのだと割り切るしかない気がします。
ribonさんにたくさんの幸せな瞬間が訪れますように!

Posted by: Nolly Chang | 2011.02.26 at 01:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/50815815

Listed below are links to weblogs that reference 2歳と0歳の子供をもつママたちへ:

« 2011年の希望的観測 | Main | 人間性をほめられるようになりたい »