« July 2011 | Main | October 2011 »

2011.09.14

心を離さない

最近、長女がほんのささいなことで号泣する。
なぜこんなことで?といぶかっているのだけど
ひょっとすると今、情緒不安定なのかもしれない。
なにか原因があるのだろうかと気になっている。


乳幼児のころは、子供から体を離すなという。
しっかり抱いてあげなさいということだ。

幼児期は手を離すな。

もうすこし大きくなったら目を離すな。

そして成長した子供には「心を離すな」

とても難しいことだと思う。

体を離さない、手を離さないは、とっても物理的なことで
抱きしめたり手をつないでいればクリアーだ。

目を離さないも、近くにおいておけばなんとなくクリアーだ。

けれど「心を離さない」は難しい。

離していないつもりが、いつのまにか大きく隔たってしまうこともある。

毎日、今日の夕飯は何にしようと考えている。
今度学校に持っていくものを揃えたり、
宿題やったか、歯を磨いたか、
連休はどこか遊びにいこうか
子供のためにいろいろなことを考えている。


けれど、それは「心を離さない」ということではない。
ぜんぜん違うことだ。


長女は最近どうしてささいなことで泣くのだろう。
2学期が始まってなにかあったのかな。
登下校の様子を注意深くみておこう。
夕食のときに、学校での出来事をゆっくり聞いてみよう。


私の心が、子供の心に寄り添っているかどうか
判断は難しいけれど。


人気ブログランキングへ


むずかしいよ!本当に!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.09.03

怒られた記憶しか残らない?

できるだけほめてあげよう、って思っているのだけど
怒ることもしょっしゅうな子育ての日々。


でも、私は8:2ぐらいの割合で褒めて育てていると思ったんだけどなー


なぜか子供の心には「怒られた記憶」しか残っていないようだ。


「なんでこんなことがわからないの?」
「どうしてわからないの?」
「いいかげん覚えなさい」

ママはいつも怒っていて
自分は怒られてばかりのダメな子……

そんなことになっていた!!!


そーいえば、私も子供のころの記憶は
怒られていたことばかり。
ほめられたこともあったけど、その100倍怒られた気がする。


人間、否定されたことは記憶として残りやすいのだね。

できるだけほめてあげようと思うなら、
まずは怒らないように私が努力しないといけないんだなあ。


間違ったことをしてたら「違うよー」と言おう。
「何度言ったらわかるの!」とか
「バカちんが!」とか
言ってはならぬ、ならぬ、ならぬ。


人気ブログランキングへ


そういうのあるある~とか、共感してくれた方、クリックお願いします。
ありがとう~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2011 | Main | October 2011 »