« October 2011 | Main | December 2011 »

2011.11.01

本「チア男子!!」朝井リョウ

またもやレビュー記事。

男の子たちが何かに向かって一生懸命になる姿はいい。
恋愛じゃなくて、女の子じゃなくて、スポーツだの勝ち負けだのに懸命になる。
仲間がいて、もめたり仲直りしたりしながら、突き進んでいく。

そんな物語が好き!

そして男の子たちが夢中になっているのが、
ちょっと変わっていてコミカルな味付けがあるものだと更にいい。

「ウォーターボーイズ」は男子のシンクロナイズドスイミング。
「タンブリング」は男子新体操。


そ・し・て

「チア男子!!」は男子のチアリーディング!


シンクロ・新体操・チアリーディング
女子の競技のイメージが強いものにあえて男子が挑戦する。

そこにはドラマが生まれる。

なぜ、男子がやるのか?
どうやって部員(仲間)を集めるか?
理解者を探す、指導者を探す、練習場の確保・・・・・・

すべて手探りで始めて、だけど目指すは最高の演技!!

途中、仲間同士の確執が表面化したり、怪我したり、
ちょっと女の子への恋がからんだり。

いろんなトラブルを乗り越え、仲間は心ひとつに。
そして迎えたステージ!!!


基本はこんな流れです。


「チア男子!!」もまさにそれ。
でもやっぱり好き。
いやむしろ、だから好き。


「チア男子!!」はTVドラマではなく小説ですが、
全10章からなる小説は、まるでドラマ10話のような構成。

登場する男のたちのキャラ付けもかなりテレビ的。
男の子たちが口々にワーワー意見をいいますが、
一人ひとりのキャラが立っているので、誰のセリフかすぐ分かる。
お約束的な「デブキャラ」「おねえキャラ」に加え、「名言キャラ」「任侠キャラ」も。

著者の朝井リョウ氏はかなり遊んで書いたと思われます。
TVドラマ化も意識して書いているのではないかしら。


とにかく面白い。エンターテイメント!

「ウオーターボーイズ」「タンブリング」を見ていた方には是非オススメします。


Photo

「チア男子!!」朝井リョウ


人気ブログランキングへ

読みたくなった~と思ったら、読んで面白かった~という人も、ワンクリックお願いします。

ありがとう。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2011 | Main | December 2011 »