« アーノルド・ローベル「お手がみ」に物申す | Main | 本「週末は家族」 桂 望実 »

2012.03.15

夢を描いて実現する力

イチロー選手が小学校のときに書いた「夢」という作文を読みました。

この作文がすごい!


勝手に載せられませんので、要約。

******


自分の夢はプロ野球選手である。


その実現に必要なのは、ひたすら練習だ。
1年365日のうち、360日は練習している。
友達と遊ぶ時間がなくとも仕方ないと思う。

実績を作って、高校卒業したらプロ入団。

ドラゴンズかライオンズ希望。
契約金は1億円だ。


実際、自分はすでに野球大会で活躍中。
自信がある。
このまま頑張る。

プロになったらお世話になった人に招待券配りたい。

プロ野球選手になるぞ!

******


と、こんな感じ。


どうですか、これ。

小学生にして、こんな具体的で立派な作文。

ただものじゃないわ。

この作文から、夢ってどうすれば実現できるのかがよくわかる。
( )の中はイチロー選手の場合です。

まず、当たり前のことだけど、
具体的ではっきりした目標を設定する。
(プロ野球選手になる。ドラゴンズがいい。
 契約金は1億円だ。
 高校卒業したらプロになる)

そのためにすべきことを考え、実行する。
(友人と遊ぶ時間を削って、毎日しっかり練習する)

努力の結果、成果を積み重ねる。
(小学生の大会で活躍し、自信を深めていく)

夢がかなったらみんなに感謝したい。
(招待券を配って応援に来てもらいたい)

具体的な夢をもち、
実現するための方法を考えて実行し、
期限も定め、
夢がかなった時のことまで考えておく。

そこまでクリアに道筋をたてておけば
人は迷うことなく進んでいけるってことだろうか。

なんとなく幸せに……じゃだめなのよ。

どんな仕事をしたい?
どう評価されたい?
誰に感謝されたい?
どれぐらい収入がほしい?
生活水準は? どんな暮らしを求めてる?

具体的に描きましょう。


今からすぐ、続けて行いたい努力はなに?

夢の実現のためにあきらめてもいいものはなに?

その夢はいつまでに叶えたい?

夢がかなったらどうしたい?

さあ具体的に作文してみましょう。

小学生のイチロー選手に今からでも倣いましょう。



日記・雑談 ブログランキングへ


いつもありがとうございます。

まだまだ夢がいっぱいありますよ~私。


|

« アーノルド・ローベル「お手がみ」に物申す | Main | 本「週末は家族」 桂 望実 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/54105593

Listed below are links to weblogs that reference 夢を描いて実現する力:

« アーノルド・ローベル「お手がみ」に物申す | Main | 本「週末は家族」 桂 望実 »