« ごぼう茶を飲んでみてる | Main | 相乗効果を期待する »

2013.06.12

ママ友のお付き合いは1対1で

ママ友とのおつきあいで心がけていること。

それは、「基本的に1対1で会う」それだけ。

いいかえると、「大人数では会わない」。

小学生ママ同士の大規模なランチ会に出席したことがある。

この時に出した私の結論。

大人数ランチのメリット
→多くのお母さんの顔と名前を覚えられる。

デメリット
→当たり障りない会話しかしない。


メリットの部分は、保護者会に出席していれば
そのうち覚えられる。
よってママ友ランチ会にユニークなメリットではない。

そして当たり障りない会話は疲れる。

さらに、自分の個人的な話をお互いに避け合った結果、
先生の噂話になったり、学校への不平不満が話題になることも多い。


なかには情報として貴重な話もあるが、
たいていは、愚痴ばかりで実のない話。


なので、時々もよおされる大規模なママ友の集まりには
参加しないことにしている。

かわりに、子供同士が仲良かったり、
保護者会や学校行事への参加を通して、気になった人とは
1対1、もしくは自分含めて3人までの人数で会うことにしている。

基本は1対1。


そのように会うと、かなり突っ込んだ話ができる。
相手の趣味や考え方がきちんと見えてくる。

そして共感したら、ママ友ではなく、
普通のお友達に近い存在になる。

私はそういうふうにして、友達を増やしている。


時々、2人で会っても学校の噂話と先生の悪口しか話さない人がいて、
そういう人は、ママ友ではなく、ただの顔見知りにする。

悲しいかな、顔見知りも増えている。

けれど、ママ友とのお付き合いで大きなストレスはあまり感じない。
これは良いことだと思う。


人気ブログランキングへ


共感していただけたらクリックお願いします。

不特定多数、正体不明のママ友よりも、
信頼できて、一緒にいて楽しいお友達を作りたい!

ありがとうございました。

|

« ごぼう茶を飲んでみてる | Main | 相乗効果を期待する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19581/57566042

Listed below are links to weblogs that reference ママ友のお付き合いは1対1で:

« ごぼう茶を飲んでみてる | Main | 相乗効果を期待する »