2017.03.19

縁が運をつれてくる

お久しぶりです。

年明けは精神的な疲れがたまっていて
今年はゆっくりと過ごしたい・・・などと書いていたのですが

すっかり行動派のNolly Changに戻りました。

1月、こんなときは友達に会うのが一番と
ハイペースで人と会っていたら
前向きな気持ちになってきました。

私はきっと見栄っ張りなのでしょう。

こんなことがあってね……
あんなこともあってね……と
暗い話をしても

最後は、
でもこれからまた頑張るよ!と
明るい顔をしてしまう。


大事な友達に、あんまり心配かけたり
愚痴だけ聞かせるのも申し訳ないと
あえて明るく振る舞うのですが、
案外、自分自身がだまされていく。
本当に明るく前向きになっている自分に気が付きます。


そんなふうにして2月はまた頑張り
昨年から続く「しんどいこと」は継続中ですが
停滞していた状況からは這いだした気分。


人の縁が、運を招くのだなーと
身に染みて感じた日々でした。

いつか恩返ししたいです。


ありがとー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.01.04

2017年の私

新しい年となりました。

毎年恒例、1月最初の更新は1年の抱負。

今年を語るにはまず昨年を振り返りたい。

昨年は人生の転機だった思う。

仕事が変わって大きなチャンスもやってきた。
けれど、さまざまな出来事があり
やらなければならないことに追われ
自分のことどころではなかった。
仕事も停滞。


そして今年。

今はまだ体力と活力をため込む時期な気がする。

停滞しているときにあがくのは、よくない。

けれどきっと、私のことだから
後半にはまた動き出しているだろう。

このブログの読者のかたにも
好調な時も、低調な時もあるかと思います。

たくましくしたたかに生きていきましょう。

今はだめでも、いつかまた。


今年もよろしくお願いします。

Nolly Chang


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.12.19

サンタクロースは要るのです

2016年12月19日の日経新聞朝刊の文化欄に
面白い記事を見つけました。

サンタクロースもご高齢で
世界中の子供たちにプレゼントを配るのが大変らしく
サンタクロースを公募し
条件を満たす人物を公認サンタと認定しているそうです。

その条件とは・・・

・体重120キロ以上
・結婚していて子供がいる
・50メートルを全力疾走したあとに
 煙突をよじ登り、暖炉からはい出て
 ジンジャークッキーを早食いし
 また煙突から出ていく……を、2分以内でこなす!
・長老サンタに英語かデンマーク語で挨拶する
サンタ語で古文書を読める

なんと厳しい条件でしょう!

この条件をクリアし公認サンタになった日本人はただ一人。
もっというとアジアにただ一人だそうだ。
その人はパラダイス山元さん。

世界に120人ほどの公認サンタは
毎夏集まって会議を開き、
クリスマスのありかたを話し合うそうです。


Nolly Changはこの記事を読んでとても楽しい気持ちになりました。
サンタクロースになる条件の厳しさに驚くと同時に
サンタクロースに人々が託す想いにふれた気がしたからです。


「サンタクロースが本当にいると思ってるの?」
小学生ぐらいから聞かれた質問。
というよりも問いただされるような詰問。


けれどNollyChangは、サンタクロースが本当にいるかどうかより
サンタクロースがいたらいいな、いてほしいな、という気持ちを
大切にしたいと思っている。


日経の記事にも、パラダイス山元さんの体験談で
サンタクロースを切実に必要とした子供たちの話が書かれていた。
その箇所にはぎゅっと胸を締め付けられた。
(ぜひ、読んで下さい)


サンタクロースは居るのか?ではなく
サンタクロースが要るんだよ、この世界には。


前にもこのブログで書いたけど
NollyChangは12月に起きた素敵な出来事は
すべてサンタクロースからの贈り物だと思うことにしてる。


どうぞ皆様にもサンタクロースの祈りが届きますように

メリークリスマス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.03.11

5年という歳月

東日本大震災から5年。

あれからずいぶんたったような気もするけれど
あの日のことは鮮明に思い出せる。

それが5年ということだと思った。


5年前、家の方向が一緒だということで
ある女性と行動を共にした。

震災から1年後、
私は彼女に再会し近況を報告しあうとともに
1年前の出来事を共有した。

そして今年、
「お元気ですか」と4年ぶりにメールをすると
そのメルアドはもう使用されていなかった。

これが5年ということなんだなと感じた。


彼女が元気で幸せで、
5年目の今日という日を迎えていてくれればいいと思う。

5年前の3月11日、
私たちはお互いに励まし合って自宅を目指しましたね。

あなたがいてくれて、本当に心強かった。

何年たっても同じように思い出すと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.02.26

2016年の私

なんだかすっかり2月末。
毎年、新年の抱負をブログに書いていたのにもう2か月たってます。

遅くなったけど書いておきます。自分のために。


今年から仕事の内容が変わるので気持ちが忙しい。
新しい仕事にもまだ振り回されていますが
それ以上に気持ちが忙しい。

大丈夫なのかと本当に心配ですが
進むしかないし、
自分で切り開いてやっと立てたスタート地点でもある。

行くしかない。


子供のことも心配。

成長したので任せられることもたくさんありますが
きちんと気にかけ、心をくだくことは
むしろ今からが大切。


キャパシティをオーバーしている気もする。

できるのか?

やるんだよ。


怖いな。

でも、やるんだよ。

2016年は自分がとことん試される年だと思います。

合言葉は
やるんだよ、
だって、やりたいんでしょう?


健康には気を付けよう。


皆さまにも実りある1年が訪れますように。
Nolly Chang より。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.10.25

お仕事未満、趣味以上。

10月23日の日経新聞朝刊、文化欄に
『片手袋の物語 街角に拾う』
という記事がありました。


町中に落ちていたり、置かれている片方だけの手袋を
写真に収め、分析する活動を10年間行っている人のお話。


私はちょっと感動しました。

片手袋に物語性を見出す、のも面白いことではありますが
この方が、自分の行動を「活動」と言うことに注目しました。


世の中にはこんな活動があるんだ!


「活動」として黙々と続けていっていいんだ!


そんな発見がありました。


お仕事ではない、
かといって趣味というほど愉しいだけじゃない。

記録をとって分類して分析して、
これはもう「活動」なのだという自負。


なんかいいな~~~と思いました。

Nolly Changも、趣味というほど生半可でなく
かといって仕事というほど認められていない
とあることをここ数年続けています。

私もそれを「活動」とよんでみようと思う。

活動ですから、きちんと体系づけて目標たてて
責任もって続けていく。

「趣味でやってます」と言っていた時より
背筋が伸びる気がする。


いいね、活動。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2015.03.10

会話の流れは自分次第で変えられる、はず。

ただの日記。

ふれたくない話題の質問をされて、
まじめに答えてしまう愚をおかし、後悔しきり。

質問してきた人は、どうしても聞きたいわけでもなかったと
冷静に考えればすぐわかる。
私がうまく質問をかわすか、あいまいにしておけば済んだのだ。
それでも十分だったのだ。

それなのに、言わなくてもいいことまで
答えてしまったと思う。


もしかすると私は、
本当は誰かに聞いてほしかったのかもしれない。

けれどもやはり、心に秘めておけばいいことだった。


だから今、とても後悔している。


奇しくもフランクリン・プランナーの手帳、
今週のメッセージはこうだ。

「流れを変える人は自分が身につけた態度で
不健康なものや有害なもの、暴力的なものや不運なものを捨て、
主体的で、役立つ、効果的な態度に置き換える。
このような人は前向きな態度の模範となり、
前向きなやり方で他の人々が力づけられ、
鍛えられるような習慣を伝えていく」


何年フランクリン・プランナーを使っているのだろう。
何回同じ過ちを繰り返すのだろう。
何回反省すればいいのだろう。


まだまだ成長しなければ。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2015.01.05

2015、変化を求めている、みたい。

あけましておめでとうございます。

最近ほったらかしのブログですが、元気にしています。
当ブログにお立ち寄りの皆様も健やかでいらっしゃればいいなと
思っています。


さてさて、新年から5日たっていますが
2回夢をみました。


Nolly Changは夢占いが好きなので
さっそく分析したのですが・・・・・・

どうも私は変化を望んでいるらしい。


変化、変化……


ちょっと思い当たる。

具体的にこうなりたい、ああしたいというのではなく
このままでいいのか?という問いが、確かにずっと心にある。


昨年も私はかなりアクティブで
家族でしたいこと、
子供たちに体験させたいこと、
自分で始めたいこと
などをフランクリン・プランナーの手帳に書き込み、
しっかり実現させました。
我ながら頑張った。


けれど、まだ何か足りない。

多分、自分自身のこと。

2015年のフランクリン・プランナーには
まだミッションも目標も書きこんでいない。

子供や家族のためなら
自分の役割やミッション、
やりたいことはすぐに思い浮かぶ。

けれど自分自身のためのミッションは?


現状維持ではものたりない。
階段を上る!
違う景色を見る。

2015はそんな年にしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.10.30

人付き合いのコツ。主観のあとに客観を

ご無沙汰してます!

ブログ放置して久しく、久しぶりにログインしました。


この頃は人間関係の断捨離で検索して当ブログにいらっしゃる方が多いようなので
Nolly Changが紆余曲折を経て、最近実践していることを書いてみます。


まずは昔の話。

以前には、「どうして私はこの人が苦手(もしくは嫌い)なのか」を分析してたことがあります。
漠然とした苦手意識を論理的に理由をつけてみることで
自己分析していたのです。

自分に似ているから嫌だと思う場合
自分と逆だから嫌だと思う場合


自己否定からきている嫌悪感なのか、
自分と相いれない、もしくは許しがたい価値観を相手が持っているからなのか

そのあたりをはっきりさせると
自分が何を大切にしているか
もしくは何を目指しているかがわかってきたんです。

一時期その発見が面白くて
苦手だと思う人をむしろ観察したりしてました。

け・れ・ど
観察して、分析して、嫌いな理由を明らかにすればするほど
その人が嫌いになっていくんです。

当たり前ですね。


心の中の負の感情はできるだけ排除すべし。

そんなわけで、現在はどうしているか。

まず、嫌いとか苦手な理由ははっきりさせず
あいまいにしておく方がいい。

そして

「Aさんのことは何だか苦手だけど、Aさんは○○の仕事をきちんとしている」
「Bさんのことは何だか苦手だけど、Bさんはスタイルが良い」

こんな具合に、

「あいまいで主観的な苦手意識」のあとに
「相手の客観的な評価ポイント」を付け加える。


これです。

順番は逆にしてはダメです。
「××だけど、○○だ」と否定のあとに肯定で終わらせる。

肯定はなんでもいい。

私は苦手だけど、Bさんからは好かれている。とかでもOK。

自分はなぜか苦手だけど、けっして極悪人ではないのよね。
ぐらいの感じでもOK.


最後に相手を肯定的にとらえることで、自分自身の心もなぜか軽くなる。
負の感情が薄れる。
相手との付き合い方のヒントが見えてきて、うまい距離を保てるようになる。


ちょっとおすすめです。


でも大事な注意が一つだけあって、
客観的な評価ポイントを見つけて、もしかすると案外いい人でうまくやれるかも?!
なーんて思って近づいていくと……

怪我するかもよ


私、少なくとも一度それやった。

Aさんの○○なところはとても良いところだから~と
仲良くなれちゃう気がして
実際に親しくするようになって数か月後驚くようなことがあり、
「絶対、ないな!」と思いましたよ。
結構、深く傷ついた。

「なんとなく苦手」という「第六感」は正しかったわけです。

大切にしている価値観の違い、良心とは何かの解釈の相違など
根本的な感覚の違いが「なんとなく苦手」という印象になっていたのでしょう。
そこを見誤ってはいけませんでした。


なので現在のNollyChangは

「なんとなく苦手なので(決して必要以上に親しくする気はないが)
あの人は○○である(肯定的な意見や評価)」

そう心で唱えると、さっぱりとした距離を保てる気がしてます。
なにより、自分の心が平穏。

そして
「なんとなく好きな人」は、すごく大事にする。
大切なことですね。


きっとこれからもいろいろあるんだろうけど
対人関係においては、相手の考えや行動を変えることは難しいので
自分の心の持ち方を変えていくことが大事なんだろうな。
より強く、広く、深く!

人生いまだ修行の身。

ではまた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.04.29

ラジオ講座「実践ビジネス英語」

4月から、NHKラジオ講座「実践ビジネス英語」
聞き始めました。

最近英語を使っていないから
自分で鍛えておきたいのと、

4月特有の「何か学びたい病」です(笑)


高校生の時、当時は「やさしいビジネス英語」を聞いていて
リスニング力向上と、ビジネスへの興味を育てていたNolly Chang

その後も、産休中だったかな~たびたび聞いてます。


今回はかなり久しぶり。
講座タイトルも「実践ビジネス英語」に変わっていて
そーよねー、決してやさしくはないもんね、と思いました。

講師は相変わらず杉田敏先生。
私が高校生のときと変わらず。何歳なの???

4月号のテーマは、
「大人のためのサマーキャンプ」と「垂直農法」

特に、垂直農法は工場での農作物栽培の話で
新聞やニュースでも取り上げられている話題。

本当にタイムリーでためになる。

ラジオ「ビジネス英語」の変わらぬクオリティは素晴らしい。


けれど、変わったことが一つ。

それはラジオの聞き方。

スマホに「らじるらじる」をダウンロードすれば、
スマホでラジオを聞ける。
しかも「予約」機能があるので
放送直前にラジオが作動する設定が可能。

さらにスマホの「ボイスレコーダー」機能で
その日のビニュエット(会話文)を録音可能。

(ただしボイスレコーダーは周囲の音も録音してしまうため
静かな所でしかダメかと思う)

さらにさらに、テキストを電子書籍で購入すれば
スマホでテキスト持ち歩き可能。


いやー、スマホでラジオ講座がここまで身近になるとは!

高校生の頃は、ラジカセで聞いて、
カセットテープに録音していたのが、遠い昔すぎる!
(今日はやけに年齢を感じるブログ……)


そんなこんなで、スマホでラジオ「実践ビジネス英語」
とても快適にスタートしています。

放送も、昔は週5回でしたが
今は水曜日~金曜日の週3回。
午前9:15~9:30
午後0:40~0:55
夜 11:20~11:35 
(土曜日にまとめて再放送あり)
となっているので、聞きやすい。

テーマは連続ものではないし、
5月号は、5月7日(水)から始まるので
「なにか学びたい病」にかかったけど、まだ見つけていない人、
ラジオ講座はお薦めです。


子供にも「基礎英語1」を聞かせようとしたけど
子供は逃げ腰。
語学は耳から学ぶのが一番だからラジオがいいんだけどね。
残念。


人気ブログランキングへ

少なくとも半年は続けようと決意中!

いくつになっても勉強!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧