2012.03.17

本「週末は家族」 桂 望実

この小説のテーマは

世間一般の価値観や刷り込み、思いこみに流されず
自分の価値観、考えを大切に生きよ、
声に出して生きよ、

というところだろうか。

育児能力のない母親によって
施設に預けられた10歳の少女・ひなた。

ひなたを「週末里親」として受けいれた夫婦。

しかしその夫婦が里親になったのには
慈善活動ではない思惑があった。
劇団のアルバイトの「子役」が欲しかったのだ!


というお話なんだけど、


子供は母親と暮らすのが幸せなのか?
ひなたは育児能力も責任感も持ち合わせない実の母親と
一緒に暮らすことが果たして幸せなのか?

母は子を愛し、
子は母を求める 

それは世間の刷り込みで
必ずしもそうでない親子がこの世にはいるのではないか?


そんな人たちを受け入れる社会と人がいれば
もっと幸せになれるのではないか?
不幸はおきないのではないか?


そのような投げかけがある本。


ひなたちゃんの話以外にも
社会の刷り込み・思いこみに苦しむ女性のエピソードがあり、
作者は親子関係にかかわらず、
マイノリティである人に励ましを与えている。


Photo

「週末は家族」 桂 望実


私は思い出してしまった。

0歳の赤ちゃんの育児がとてもつらかった時のこと。

言葉でコミュニケーションがとれない赤ん坊と2人きりで
誰ともしゃべらずに家にこもるような生活をしていたら
完全に気が滅入ってしまっていたこと。
早く会社に戻りたいと思っていたこと。

なのに夫に
「女の人は子供を産んだら子供と一緒にいるのが幸せなんじゃないの?」
と言われて、私の苦悩をまったく理解してもらえなかったこと。

「世の中の女の人が普通にしていること(育児)を
どうして君はできないの?」
と言われたこと。


私は答えましたよ。

「ごめんなさい。
きっと私は普通じゃないんです。
だからできません。
とてもつらいです」


そして子供を保育園に預けて仕事に復帰。

仕事と育児の両立は大変だったけど
それでも私は復帰してよかったと思う。

もしあのまま
世間一般の母親が持つ母性愛を自分に探し求めて
ずっと赤ちゃんと向き合っていたら
どこかでおかしくなって虐待とかしていたかもしれない。
(それぐらい心が擦り切れていたから)

だからあのとき
できません!と声に出して言ってよかったんだと思う。


そして子供が大きくなってきて
私も育児が楽しくなってきた。
そんな日が案外早くやってきた。


世の中、女の幸せを決めつけたり
母親に義務を押し付けたり、
いろんな決め付けがあるけれど、
自分は違うと思ったら
ちゃんと言ったほうがいい。

言わないとわかってもらえない。
助けてもらえない。


私は保育園の先生方に助けてもらって
なんとかなった。
子供たちもちゃんと育った。
旦那もいい具合にあきらめ、協力してくれるようになった。


きっと私みたいな人、いると思う。
少ないとおもうけど。

もし頑張ってみてもダメだと思ったら
旦那でも親でも、近所の保育園でも、
児童相談所でも、
SOSを言えばいい。声に出してしまえばいい。

あなたも子供も幸せになれる方法を
みつければいいんだよ。

「子供が3歳になるまでは
母親がそばにいてあげるべき」
なんていう世間の意見、私は蹴っ飛ばした。

うちは「0歳から保育園、長時間保育」を選んだけど
今、かなり幸せな家族だと思う。


日記・雑談 ブログランキングへ


いろんな価値観
人の気持ちを
先入観なく、うけとめられるようになりたい。


今日は私を受け止めてくれてありがとう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.03.15

夢を描いて実現する力

イチロー選手が小学校のときに書いた「夢」という作文を読みました。

この作文がすごい!


勝手に載せられませんので、要約。

******


自分の夢はプロ野球選手である。


その実現に必要なのは、ひたすら練習だ。
1年365日のうち、360日は練習している。
友達と遊ぶ時間がなくとも仕方ないと思う。

実績を作って、高校卒業したらプロ入団。

ドラゴンズかライオンズ希望。
契約金は1億円だ。


実際、自分はすでに野球大会で活躍中。
自信がある。
このまま頑張る。

プロになったらお世話になった人に招待券配りたい。

プロ野球選手になるぞ!

******


と、こんな感じ。


どうですか、これ。

小学生にして、こんな具体的で立派な作文。

ただものじゃないわ。

この作文から、夢ってどうすれば実現できるのかがよくわかる。
( )の中はイチロー選手の場合です。

まず、当たり前のことだけど、
具体的ではっきりした目標を設定する。
(プロ野球選手になる。ドラゴンズがいい。
 契約金は1億円だ。
 高校卒業したらプロになる)

そのためにすべきことを考え、実行する。
(友人と遊ぶ時間を削って、毎日しっかり練習する)

努力の結果、成果を積み重ねる。
(小学生の大会で活躍し、自信を深めていく)

夢がかなったらみんなに感謝したい。
(招待券を配って応援に来てもらいたい)

具体的な夢をもち、
実現するための方法を考えて実行し、
期限も定め、
夢がかなった時のことまで考えておく。

そこまでクリアに道筋をたてておけば
人は迷うことなく進んでいけるってことだろうか。

なんとなく幸せに……じゃだめなのよ。

どんな仕事をしたい?
どう評価されたい?
誰に感謝されたい?
どれぐらい収入がほしい?
生活水準は? どんな暮らしを求めてる?

具体的に描きましょう。


今からすぐ、続けて行いたい努力はなに?

夢の実現のためにあきらめてもいいものはなに?

その夢はいつまでに叶えたい?

夢がかなったらどうしたい?

さあ具体的に作文してみましょう。

小学生のイチロー選手に今からでも倣いましょう。



日記・雑談 ブログランキングへ


いつもありがとうございます。

まだまだ夢がいっぱいありますよ~私。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.02.01

最初の球技がドッヂボールってありえない!

小学校1年生の体育の授業で、最初にやる球技がドッヂボール。

これ、やめませんか?

私はもともと運動神経が悪くて、
体育は苦手です。


けれど、最初にやったのがドッヂボールじゃなければ
球技をもう少し楽しめる人生になっていたかもしれない。

学校がドッヂボールをやらせる理由は

・ルールが他の球技に比べて簡単。
・人数が何人でも対応できる。

に尽きると思う。


便利なんだ。
都合がいいんだ。


ましてや小学校には専任の体育教師がいなくて
担任の先生が体育もみているわけで、
ドッヂボールみたいな単純なゲームのほうが
やらせやすいのだと思う。

けどさ、
相手にボールを強く投げてぶつけるゲームって、
どうなんですか?

他の球技では
野球ならデッドボールはNGだし、
サッカーでもバレーボールでもテニスでも
相手のいないところを狙うでしょう?
仲間には良いパスを出すでしょう?


なのに、ドッヂボールは相手にぶつけるんだよ。

野蛮だよ!

クラスのお友達が怖い顔して、自分めがけてボールを投げてくる
あの恐怖!


トラウマ必至!

おかげで私はボールが苦手。
こわいんだよね……。

教えるほうにとっては便利で都合がいいかもしれないが
小学1年生の体育で、球技としてドッヂボールをやらせるのは
やめたほうがいいと思う。



日記・雑談 ブログランキングへ


ボールは友達、こわくないさ!って
教えて欲しかったよ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.29

いつかギターを習うだろう

前回のつづき。

私は楽器が弾けません。
音符も読めません。

子供のころ、なんにも習ってなかったので。

中学以降は音楽の授業にヒヤヒヤしてました。
歌うだけならいいけど、演奏の実技テストとか、
まったくできないし。


だから、子供にはなにか楽器を習わせたいと思ってました。

さいわい、ピアノやってみたいと言い出したので
よっしゃ!と今、習わせています。


でも、気付いた。


楽器を弾けるようになりたい、
音符を読めるようになりたい、

そう思っていたのは、私自身だと。

今はまだ、ちょっと忙しくて余裕がないのだけど、
いつか必ず、私自身が楽器を習おう。


子供のために(電子)ピアノを購入しましたが、
わたしはギターをやりたいな。
クラシックギター。

ボロロンって、ひいてみたいな。

弾き語り、やってみたい(爆!)

いつかこのブログで報告しよう。
「楽器、はじめました!」って。


子供に託すのでなく、
自分でやってみようと思う。


日記・雑談 ブログランキングへ


気長にそっと見守ってください。
ありがとう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.27

なくしたものは、これから自分で取り戻す

子供が生まれると生活が変わる。

仕事中心、自分中心の毎日が、子供中心の毎日へ。

仕事を続けてても、やめていても、変わってしまうもじゃないかな。

私はそのことにものすごく苦しんでしまった。

けれど友達にはあっさりと現実を肯定できる人もいる。
「だってこの子が一番大事だもん!」と。

なかには、意識して考え方を変え、現実を受け入れる人もいる。

「子供の将来を考えると」
「親としての責任」
「今しかしてやれない」

そんなふうに、自分に言い聞かせながら。

私はそうだったな。


結局、子供を優先し、子供のために頑張る自分を積極的に認め、
奨励していくのが一番平和なんだよね。


そして
「子供がいて本当によかった」
「子供はかけがえのないもの」
と言ったりする。


本当にその通りで、そこに異論はないんだけど。


その言葉の裏には

自分が我慢してきたこと、失ってしまったものを
なだめる気持ちがある。
仕方がないとあきらめようとする気持ちがある。


そこにはちゃんと気付いてる?

いや、多分、気付いてるし、よくわかってるよね。

でも時がきたら、
失ってしまったものにも
向き合ってみたほうがいい。


仕事でも趣味でも、
やってみたかったこと、続けたかったこと、
それはなんだろう?

多分、いつだって遅すぎることはない。


自分があきらめたこと、なしえなかったことを
子供に託すには、私はまだ若すぎるし、
子供にとっては余計なお世話か重圧でしかない。


だから自分で取り戻そう。



日記・雑談 ブログランキングへ


次回、そのあたりをもうちょっと書いてみたい。


ありがと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.05

君のお金で国が建つ? 

本日の日経新聞・朝刊に宝島社が全面広告を出していた。

「君よ、散財にためらうなかれ。
君の十銭で浅草が建つ。

1923年、
関東大震災後の浅草には、
そんな看板が立てられたという。

それから驚くべき速さをもって、
東京は世界規模の大都市となった。
働いて、稼いで、そしてつかう。
そんな十銭たちが経済を回し、
東京は復興していったのだ。
あの時の看板は、今でも正しい。
土地も資源もない国は、
お金で生きていこうじゃないか。
日本人よ、散財にためらうなかれ。

君のお金で 国が建つ。」

そんな全面広告でした。


うーむ。
言いたいことはわかる。

景気が悪い時こそシュリンク(縮む)してはいけない。


昨年の震災直後にあった自粛ムードも、
今年は解除してお祭りも花火大会もやるべきだと思う。

(そういえば、NHK朝ドラ「カーネーション」でも敗戦直後にだんじり引いてましたね!)


節電は大事だけど、気持ちは盛り上げていきたい。


けれどね、


増え続ける生活保護世帯、働けるのに働かないで生活保護で暮らす人々の増加とか、

ずさんな年金管理のツケとか、

被災地にすぐに渡らなかった義援金とか、


挙句の果てに消費税増税とか。


へんなところにお金がいってしまい、
健全性に欠けている状況を考えると、

私のお金で国が建つ?本当?って思ってしまう。


私が散財し、消費税を払い、
事業者は法人税を払い、
労働者は所得税を払う。

しかしその税金が、おかしなことに使われてしまっていたら?


ひょっとして私のお金で 国はもっとダメになっている?


君のお金で 国が腐る。


肥えるものはますます肥え、
むしり取られるものは、容赦なく剥ぎ取られる。

きっと1923年の浅草は、
明日をもっと信じてた。

戦争が終わって、人々は息を吹き返した。

人々は日常を取り戻そうと必死で働き、
政治家は日本を立ち上がらせようと思った。


今の日本はどうだろう。

人気ブログランキングへ


今日はちょっと後ろ向き。


そういえばまだ初売りにも行ってない・・・・・・。

読んでくれてありがとう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.28

私が、がんばる。

久しぶりの更新。
もう、ログインパスワードも忘れそうなぐらいです。

震災から2カ月半がたちました。

計画停電やモノ不足、水の汚染など、東京でもありましたが
今はかなり普通に暮らせていると思います。
(節電は続行中。すっかり慣れました)


GWには被災地の友人にあい、彼女の体験や現状を聞き、
ショックをうけました。


「頑張って」なんて言えないよ。


原発の問題はまだまだ先が見えないし、
景気も悪いし、
政府を頼りなく感じるし、

遠い未来に希望を信じても
近い未来に期待できない自分がいます。

それでも毎日朝はやってきて、
子供たちは学校でお友達と楽しくあそび、
学校行事も通常通り行われ、
私もテレビをみて音楽聴いて遊びにいったりしてる。

不安定ななかに、不思議なぐらい穏やかな日常がある。


でもふと、自分がたっているこの場所は、
安全でなくて、保証もなくて、
だけどたった今、生きているだけで幸運みたいなトコなんだと思う。

結局、今の私にできることは「頑張って」じゃないんだ。

私自身が、がんばる。

自分のために、家族のために、被災地のために。


今日を頑張って生きていく。

たくさん笑おう
仕事もしよう
お金を使おう

そして被災者の人や、困ってる人には尋ねよう。


「私に何かできることはありますか?」

ブログ、またちゃんと更新しようと思ってます。


人気ブログランキングへ

久しぶり!って思ってくれた人、はじめましてと思ってくれた人、ポチっとお願いします。
ありがとう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.02.06

しずかちゃんかもしれない症候群

ドラえもんって、あまり好きじゃないです。

四次元ポケットから出てくる魅惑的な便利道具にはあこがれたり、
感心したりします。
でも、何がいやって、いつまでもダメなまんまののび太よ。


マンガですから、主人公たちが成長しないのは仕方ないにしても、
毎回毎回、「ドラえもーん!!」と泣いてすがって、
未来の道具を使って、ジャイアンやスネオをぎゃふんといわせて、
あたかも自分の実力のようにふるまうのび太が、
ものすごく感じ悪い。


だいたい、ドラえもんが22世紀からやってきた理由も嫌だ。
このままだとのび太がジャイ子と結婚して貧乏で不幸になるので、
それをなんとか回避するためにやってきたという。
そしてドラえもんのおかげで、無事のび太はしずかちゃんと
結婚できるように未来が変わったらしい。


なんなの、それ?


のび太はHappyかもしれないけど、しずかちゃんはどうなの?

しずかちゃんは出来杉くんと仲良しだった。
出来杉くんは頭もよくて優しくて、本当に素晴らしい子。
しずかちゃんも出来杉くんに好意的な感情をもっている。

それなのにドラえもんの策略でのび太と結婚とは!
しずかちゃんを出来杉くんと結婚させてあげなよーと、
しずかちゃんの幸せな未来を奪うなよー!と
私は心から抗議したい。


なにしろ・・・
うちの夫は、のび太くんタイプだ。

やさしいっちゃやさしいんだけど、
向上心は基本的になく、
だらだらするのが大好きで、
人まかせで済ませようとする。

結婚して年月がたつと、そういえばどうしてこの人と結婚したんだっけ?と思う時がある。

運命のいたずら?
成り行き?

なんでだっけ???


はっ!
まさか未来からきたネコ型ロボットの仕業?

あたしの未来、気づかないうちに書き換えられちゃった?

そういえば、どら焼き買っておくと、いつのまにかなくなってるし!
(本当)


ある日押入れをあけたら、そこにネコ型ロボットがいたとしても、
私はきっと驚かない。
「やっぱりか・・・」と思うのだ。

しずかちゃんには友情と同情と共感を覚える。


こんな気分を「しずかちゃんかもしれない症候群」と名付けよう。


人気ブログランキングへ

読んでくれてありがとう。
私も同じ症候群かも、という人、いたりして。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010.01.28

マネキンやめてフィギュアにしちゃえば?

美少女アニメに興味はありません。
萌えキャラとか、むしろ萎えそうなぐらい。
(私が萌えるのは、北方謙三の水滸伝にでてくる英傑とかだから)


なんですけどねーーー。


世間では、美少女アニメの人気がすごい。

アキバ文化とか、オタク向けなんていう狭いカテゴリーではもうないな、と思う。

ガンダムが実物大(?)でお台場に登場したり、
アニメや小説の舞台になった場所にファンが押し寄せたり、
外国人観光客に大人気のスポットが「ポケモンセンター」だったりする昨今です。


アニメから生まれたカルチャーを
サブカルチャーでなく、メインストリームの中で扱い、
ビジネスにのせるか。
これは今の日本の課題ではないでしょうか。

ひとつ提案。


不況で元気のない百貨店への提案です。

マネキン人形、やめましょう。
美少女フィギュアにしましょう。

美少女フィギュアに、最新のファッションを着せてしまいましょう。


店頭にはファンが殺到するでしょう。

そしてそのファンが男性が多いとすれば、
男性の目を意識した女性客は、それらの服を購入するでしょう。


すでに多くの女性は、自分をフィギュア化することを目指しています。

毛穴を消して、セルロイドのような肌の質感を目指し、
ありえないぐらいのボリュームまつげをつけ、
胸は大きく強調し、
脚は細く長くみえるように靴を選びます。


百貨店が夢を売ったり、理想を売ったりするところであるなら、
もう洋服は、マネキンではなく、美少女フィギュアに着せる時代です。


どうでしょう。


人気ブログランキングへ

いろんなカテゴリーで参加していますが、今日は毒舌日記にエントリー。
読んでくださってありがとう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.01.26

今はまだカツマー派

香山リカさんの「しがみつかない生き方」を読んだ。

幸せになるための10のルールとして、
「10、〈勝間和代〉を目指さない」と目次にし、
宣伝文句としてもメディアにのせたので、
その後の勝間vs香山論争の口火を切った本。

この「勝間和代を目指さない」には私も大爆笑し、
面白そうな本だと思ったわけです。

一応勝間和代さんの著書「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法」を読んでみたものの、
うわー私にはとてもできない、
自分をGoogleみたいに最適化することは無理!と
読んだ直後にギブアップしてました。

だからこそ、〈勝間和代〉を目指さない、ことで幸せになれるんならいいなぁと。


けどね~~~。

「しがみつかない生き方」を読んでいたら暗くなってきた。

香山さんは精神科医として、
努力しても報われなかったり、
そもそも努力してもいかんともしがたい境遇の中で生き、
人生に疲れ切ったり、絶望してしまった人に
日々接しているわけです。

そんな患者さんたちをみていれば、
成功ノウハウ本がいまいましくもなるのだろう。

がんばれば成功でき、幸せになれると説き、
成功してなくて幸せでないのは、
努力がたりない、努力の仕方が間違っている、効率が悪いなどとかきたてられては、
追いつめられてしまう人がいるのだということだ。


それはよく理解できる。


しかし、である。

夢なんてみちゃいけない、
多くを望んじゃいけない、
がんばったって夢はかなわないこともある、

なんて話を読み続けてると、
ものすごく落ち込んだ。

まだまだいろんなことやってみよう!って
高らかな気持ちでいっぱいなのに、
「傷つくだけだからやめときなさい」と言われてるような感じ。


おそらく、香山さんの言葉に救われる人もいるのだろう。
けれど今の私は、まだまだ頑張りたい。
たとえ傷つくことがあってもね。


「しがみつかない生き方」を読んで実感したのは、
まだ自分が精神的にタフであること。
この本が心にしみた人は、ちょっと疲れているのかもしれない。


ありがたいことに、今の私はまだカツマー派だ。

人気ブログランキングへ

長くて拙い文章を読んでくれてありがとう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)